私は林田健と申します。

現在は某有名進学塾の講師として

東大や京大などの難関校を目指す学生に日々指導をしています。


多くの母親はわが子を

 

しっかりとした人間に育て、親としての責任を果たしたい

 

そういう強い責任感を持っておりますが、
子どもの性質や立場が理解できていないせいで
どおしても強制的・脅迫的な教育になってしまいます。

 

教育とは子どもの才能を成長・発達できるよう手助けしてあげること


子どもが勉強をただの単純作業

と思い始めたらもう危険信号です。


東大どころか社会に出ることにすら

興味が無くなってしまうでしょう。

 


ではどうしたらいいのか?

 

 

逆説的ですが、勉強が得意になれば

自然に勉強は好きになるものです。

 

自分が得意で、周りよりできていたり

みんなに褒められたりするものは、

勉強に限らず好きにならざるを得ません。

 

『それは分かっています。

でも実際子どもを相手にすると中々思い通りにいかないんです。』

 

それはその通りです。


子どもとは本質的には、

自分勝手で“あまのじゃく”ですから、

他人が傷ついてしまうような乱暴なことや、

意地悪なことをしてしまうものなのです。

 

私は東大や京大などの難関校を目指す

受験生の指導を行ってきた中で、

多くの家庭問題を見てきました。

 

このままでは子どもたちは幸せになれない
親も幸せになれない

 

これは私の率直な感想です。

 

多くの親御様は子育ての明確な答えも知らないまま、

迷いながら、苛立ちながら、

“手探りの教育”をしているのが現状です。

 

そして子どもを「東大に行かせたい」「医者にさせたい」

とは思うものの「どのようにして良いかわからない」

「勉強、勉強と言うのは嫌だ」とお悩みの親御様に向けて、

私はこのレターを書かせて頂きました。

 

 

親子そろって幸せになって頂きたいからです。

 

親が知らぬ間に子どもの才能をつぶしていることが多いこと
親子の相違から挫折してしまう子どもが多いこと
親の目線を変えるだけで簡単に子どもが自発的に成長できること

 

これらのことをあなたにお教えします。

 

 

 

私の教材の前半10ページを立ち読みできるようにしております。

 

 

 


 

東大は理科三類は別格として

その他の学部であれば“誰でも”入ることができます。

 

ですが大体の子どもは高校生のある時期に

一気にモチベーションが下がってしまいます。

 

もちろん『東大、東大』と
子どもの将来の方向性を勝手に決め、
レールを敷いてしまうことは絶対にしてはいけません。

 

しかしながら、勉強の大切さや、社会の本質を

しっかりと子どもに認識させることができれば、

自然に東大や京大を目指してもらうことはできます。

 

大切なのは、あなたが正しい子育ての方法を知り、

正しい勉強方法を知ることで、

“手探りの教育”から“明確で筋のある教育”に変えること

 

親がしっかりと子どもを理解して、

勉強できる家庭環境を整えてあげられれば、

子どもは自然と伸びていきます。


断言しますが遺伝なんて関係ないんです。


現実問題、有名企業のご子息が会社を倒産させてしまったり、

逆に一般のサラリーマン家庭から

医者や弁護士などのエリートが誕生しています。

 

何度も言いますが、大切なのは勉強できる家庭環境なんです。

 

 

 

 

他の子どもと比べて自分の子どもが

劣っているような気がして

不安を感じる親御様も少なくないでしょう。

 

そういう不安やプレッシャーから

声を荒げてしまうことも多々あるのではないでしょうか?

 

『何度言ったらわかるの!』
『どうしてこんなことができないの!』
『どうしてこんな点数をとったの!』
『いつまでテレビを見ているの!』
『勉強しなさい!』

 

しかしこれは子どもの責任ではなく、あなた自身に問題があります。

 

少し耳の痛い話になりますが、大切な話なのでズバッといわせて頂きます。

 

『子どもができないからイライラする』

 

のではなく、実は

 

『親ができないから子どもがふて腐れている』

 

ことが多いのです。

 

あなたは本当に

 

子どもに伝わるように話していますか?


子どもと向き合っていますか?

大人の立場で教えていませんか?

勉強を教える時にムキになっていませんか?

勉強ができる環境を与えられていますか?

 


自分の心に問いかけてみてください。

 

子どもは周りを映し出す鏡です。

声を荒げる前に、あなた自身の

多くの改善点を知るべきではないでしょうか?

 

 

 

 

そんなことは必要ありません。
まずは私の教育ノウハウを全て受け取ってください。

 

 

教材内容

 

第一章【子どもを健やかに育てるために】

・孤軍奮闘しようとすると子どもに悪影響

多くの母親が陥りやすい負のスパイラルについて知り、改善することができます。

 

・英才教育なんて必要ない

英才教育の無意味さを知り、本当は何が大切で何が必要なのか、子どもの本質を理解することができます。

 

・生きていく力が弱い子を育ててはいけない

ゲーム、インターネット、テレビなどの悪影響を知り、バーチャルとの上手な付き合い方や、子どもにより良い環境を整えてあげることができます。

 

・知ったかぶりは厳禁

親の一工夫で、子どもの学ぶ力や探究心を刺激してあげることができるようになります。

 

・親は何も決めない

親の考えは知らず知らずのうちに時代遅れの古い考え方になっていることを知ることができます。そして子どもが自発的に考えて行動できる力を身に付けられます。

 

・親のお節介が子どもの成長を妨げる

日本では極端に多い、親のおせっかいが子どもの自立を妨げていることを知り、子どもの教育方針を見直すことができます。

 

・子どもに合わせすぎない

子どもとの上手な付き合い方を知り、メリハリのある教育を行えるようになります。

 

・子どもは「ピュアでナイーブな大人」

子どもは大人が考えている以上に大人の考えを持っています。それを上手に利用することで子どもとの摩擦を減らすことができます。

 

・叱り方のコツ

叱る行為は子どものモチベーションを上げるか下げるか、極端な結果しか得られません。上手な叱り方を覚えて子どものモチベーションをどんどんあげてまっすぐな成長を手助けしてあげましょう。

 

・謙遜がクセになると自信のない子に育つ

多くの親が教育の過程で子どもの自信を喪失させています。そこを理解して自信に満ち溢れた、活気ある子どもにさせてあげることができます。

 

 

第二章【学歴について】

・学歴不要論の危うさ

多くの親世代は気付かぬうちにメディアの情報に躍らせれています。学歴の大切さを改めて認識して正しい教育を取り入れることができます。

 

・就職・キャリアへの影響

子どもが学歴の大切さを認識すれば勉強への意識を高めることができます。正しい情報を子どもにあたえる方法を知ることができます。

 

・「就職できない東大生」のウソ

就職できない東大生のウソを暴き、現実的なメリットを知ることができます。

 

・学歴によって与えられるチャンス

学歴があるのとないのではどれほどチャンスに差があるのかを認識して頂きます。

 

・ドラゴン桜に学ぶ

ドラマ、ドラゴン桜の中で出てくる名言をピックアップしています。どれも子どもの将来に為になるものばかりです。

 

・東大に受かるのはそんなに難しいか

実は東大に受かることは難しくない、ということを知って頂き親子ともに自信をもって夢に向かって歩むことができるようになります。

 

第三章【勉強ができる子に育てる考え方】

・させられるとしたくない

子どものの本音や本質を知ることで、それを上手に使い子どもを勉強に向き合わせることができるようになります。

 

・勉強へのモチベーションを作ってあげる

勉強へのモチベーションの具体的な上げ方を親が知ることで、円滑で効率的な教育ができるようになります。

 

・お金のことを正しく教える

日本ではお金を稼ぐことを悪と認識するところがあります。現実的なお金の大切さを子どものうちから理解させてあげることの大切さを教えます。

 

・人間は環境の生き物である

勉強や才能は遺伝ではなく、環境の産物であることを正しく認識して頂きます。

 

・知性の芯を育む

勉強だけできる、知性に欠落した大人をよく見かけます。そうならない為に、勉強とは何なのか?知性とは何なのか?人として大切なことを理解して頂きます。

 

・子どもとの会話で気を付けること

親の無意識の言葉で子どもは非行に走ったり、忍耐力のない大人に育ってしまいます。親の気をつける点を具体的にお話します。

 

・人に喜んでもらう喜びを知る

子どもに人を喜ばせる楽しさを知ってもらうことで、明るく前向きな大人に育ってもらうことができます。

 

・「好きだから得意」ではなく「得意だから好き」

「好きだから得意」ではなく「得意だから好き」という根本的な人の心理を理解することで、教育でぶつかる壁を簡単に乗り越えることができます。

 

・勉強させること自体が目的になっていないか

目的を親子そろって履き違えてしまえば残念な結果しか得られません。それにはまず親が正しい目線で正しい方向を向いていなければならないことを知って頂きます。

 

・テレビは勉強の大敵

勉強においてテレビは大変悪影響を及ぼします。その理由と実例を知って、正しい環境作りをすることができます。

 

 

私が今回執筆した

 

『頭がよく勉強のできる子に育てる〜

東大・弁護士・医者へ導くシンプルな方法〜』

 

には子育ての本質を知り、理解し、

実践できるものになっています。

 

私の教材を購入すると様々なメリットがあります。

 

  • なぜお子さんがあなたの言うことを聞かないのかを知ることができます
  • 子どもが勉強(学ぶこと)を好きになりみるみる成績があがる方法を知ることができます
  • 親子のコミュニケーションが円滑になり明るい家庭になります
  • 子どもが将来への目標を持ち、親子一丸となって取り組むことができます
  • イライラすることが減りお子さんに優しくなれます

 

このようにあなたが今抱えている悩みから

解放させることができるでしょう。

 

あなたが子どもにとって

最も身近で信頼のおける親になれば、

子どもはどんな分野でも成長して結果を出していけるのです。

 

そうすれば親子そろって幸せになります。

 

 

 

 

「私がいなければ、この子は何もできないから困ってしまう。

そばにいてあげないと」

 

親は子どもに頼られると嬉しいと感じるものです。


しかしそれを生甲斐にしていると、

子どもの成長や自立心を妨げ、意欲を奪ってしまいます。

 

しかしながら、子どもに頼られることで、

自分の存在意義を確立している母親は多く、

子ども離れする勇気も必要です。

 

親子が一体となって成長していかないことには、

子どもの才能を引き出すことなど不可能

ということを認識しておいてください。

 

 

 

 

人間、理屈で理解できていても

感情がついてこないと行動できません。

 

大人も子どもも同じですし、勉強も同じですよね。

 

だからあなたが手本になり率先して自分を変えることが、

第一歩になると思うのです。

 

行動することで、

何かが大きく変わる切欠を手に入れることができます。

 

子どもを幸せにしたい
自分も幸せになりたい
自分を変えたい

 

そう思っているのなら今すぐ行動してください。

 

あなたがここまで興味深く

私のレターを読んで頂けている時点で、

自分の子育てへの疑問や不安があるからだと思います。

 

親が子どもとまっすぐに向き合えるのは長くみても10年程度です。

 

『明日から変えよう』『近々変えよう』そう思って目をそらしても

『明日』『近々』永遠に、来ません。

 

それにそういう姿勢は

子どもの人生に対する冒涜だと私は思います。

 

厳しい言い方かもしれませんが、

子どもの将来を本当に案じているのなら、

騙されたと思ってまず私の教材をご覧ください。

 

必ずやあなたとお子さんの人生を左右させる一冊になるはずです。


※画像は商品イメージです。

『頭がよく勉強のできる子に育てる〜
東大・弁護士・医者へ導くシンプルな方法〜』

  • A4:全57ページ
  • PDF版

 

特別価格:    

 

一般の本と比べても3800円は高すぎませんか?

確かに安くはない金額だと思います。しかし同時に、今後役に立つことのない雑誌や漫画を買うよりも、子どもの将来を左右する一冊に3800円は決して高くない金額だと私は信じています。
電子書籍は一般的な本に比べて流通させるのが困難なので単価がどうしても上がってしまいますが、その分ノウハウとしての価値が高いものになっております。

 

情報教材の購入は初めてです。教材が家に届くんですか?

情報教材はPDFファイルといってパソコンやスマートフォンで観覧できるものになっています。なので手軽に場所を選ばず読むことが可能です。購入後はダウンロードして頂く流れになります。方法が分からなかった場合はサポートしますのでお気軽にお問合せください。

 

私の家族にも活用できる方法ですか?

もちろんです。お子様の教育でお悩みの家庭でしたらどの家庭でも活用できる内容になっております。安心してご購入ください。

 

 

 

 

想像できますでしょうか?

 

子どもが自発的に勉強するだけで、

あなたはイライラの日々から開放されて、

温かく穏やかな家庭にはや変わりします。

 

あなたも子どもに対して今まで以上に優しくなれますし、

子どももあなたに今まで以上の信頼を寄せることになるのです。

 

もう怒鳴ったり手を挙げたりする必要もなく、

勉強する子どもを横目にコーヒーを飲みながら

静かに本を読むこともできるでしょう。

 

たまに子どもが分からない問題を

あなたに聞いてくるかもしれません。

 

しかし、あなたは穏やかな気持ちで

受け答えすることができます。

 

なぜなら子どもに聞く準備ができているのですから。

 

自発的な子どもになればなるほど、

あなたの言葉もすんなり入るようになり、

摩擦も減り、幸せな家庭を築くことが可能です。

 

そんな生活がすぐ目の前にあるとしたら、

行動しない手はないと思いませんか?

 

本当にお子さんの将来を大切に思っているのでしたら、

まずはぜひ私の教材を読んでください。

 

 

 

 

購入後、何の為にもならなかった

と感じた場合には全額返金させて頂きます。

 

購入日とお名前、振込先の口座を記入のうえで、

下のメールアドレスまでご連絡ください。

j_pi1317@yahoo.co.jp

購入後30日以内が期限です。


ここまでするのには、子ども達の明るい未来を

私自身が強く強く望んでいるからに他なりません。

 

私はあなたにこの教材をお届けするために、

不安要素を全て取り除かせて頂きました。

 

次はあなたが行動する番です。

 

勉強ができるようになる子育ての方法を惜しみなくお教えいたします。

 

※画像は商品イメージです。

『頭がよく勉強のできる子に育てる〜
東大・弁護士・医者へ導くシンプルな方法〜』

  • A4:全57ページ
  • PDF版

 

特別価格: